2018年01月26日

冬の思い出(*´▽`*)part2

<スポンサーリンク>





当ブログをご覧に頂きありがとうございます。

今日の東海地方は気温が下がり
もの凄く寒かった。

心配していた雪はたいしたことなく
通勤通学には問題なかったみたいですね。

寒いと古傷が痛む。

前回の骨折した時の続きをお話ししたいと思います。

このブログは釣りブログですが

ちょっと休憩。

岐阜県の病院に運ばれ
このままでは帰宅できないので
そのまま入院(-_-;)

とはいうものの手術は
違う病院でしなければならない。

病院探し(-_-;)

結構めんどくさいのである。

手術はすぐには出来ず
まずは収縮している筋肉を伸ばす。

信じがたい話だが・・・・・・・

実は入院する初めに下半身を清潔にする。

詳しくいうと看護婦さんがオ〇ンチンを
タオルで拭いてくれるのだ(゚Д゚;)!

マジで・・・・・(゚Д゚;)!

若くて赤ぶち眼鏡をかけた綺麗な看護婦さんに
タオルで拭いてもらう。

自分健全な男ですから勿論⤴

骨折してるくせに・・・・なんたる失態(-_-;)

すみません


看護婦さんは別にいいですよと言ってくれるが・・・・・(/ω\)



翌日には嫁が親戚一同で来てくれた。

特に心配はしていないみたい。

骨折だから死にはしないからね。

来てくれたはいいのだが
結構暇なのである。

なので嫁は温泉に行ってたな。

contact.jpg
白鳥の湯HPから引用


岐阜県白鳥の美人の湯。

おまけに飛騨牛食ってる(゚Д゚;)!

思いっきり観光してる!


骨折は病気ではないので悪化しないから
そんなに心配はいらないんだね。



病院が決まり移動の準備。

このままではベットから動けないので
足に串刺しした器具は取り外し

ミイラ男みたいに足を包帯みたいなもので
グルグルに巻きガッチリ固定する。

とはいえ・・・・ベットから移動するときは


凄く痛い(ノД`)・゜・。


固定しても意味ねー( `ー´)ノ


親戚のワンボックスで移動。

病院は決まったが手術はたしか2週間後(-_-;)

予約でいっぱいなのですぐにはできない。

それまで放置プレイ。

そして・・・・・ここでも(゚Д゚;)!

若い看護婦さんが・・・・・拭いてくれる(*´▽`*)

健全な男ですから勿論⤴

すみません

骨折しているのに・・・・・・何たる失態(-_-;)


手術は全身麻酔で行われたのであまり記憶はない。

目が覚めた時の激痛は凄かった(>_<)


初めて車いすに乗ったが結構楽しいヾ(≧▽≦)ノ

病人ではないので体は元気(^^♪

手で車輪を押して回すのだが暴走していたら
看護婦さんに怒られた(-_-;)

その後はリハビリ。

P1000005.JPG

チタンで固定されているので早くからリハビリが行われた。

足は細いし筋力はない。

おまけに膝は曲がらないので結構苦労した。

無事に退院したが今でも足の動きは悪い。

特に下りの階段には気を遣う。

寒くなったり湿気が多いと
今でも少し痛みを感じる。

数年前に富士山に登頂したが
上りは全然平気だったが

下りはダメ。

左足に負担をかけられない。

DSC_0068.JPG

DSC_0254.JPG

ロシア人と富士山登頂の写真ヾ(≧▽≦)ノ

正座とあぐらはまともに出来ないし
足の動きが悪いので
釣りではテトラを下りる時に気を遣う。

なので釣りでは足場の悪い場所には
出来るだけ行かないようにしている。

このように怪我をするとろくなことがない。

とはいえ普通の生活ではできない
貴重な体験はした。

以上、冬の思い出である(*´▽`*)

明日も寒くなりそう。

それではこの辺で。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

<スポンサーリンク>















ラベル:骨折 入院
posted by tamtam at 00:08| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

冬の思い出(*´▽`*)

<スポンサーリンク>





イエーーーーーーーーーーーーーーーイ!

 空

 前

 絶

 後

 の

 大寒波(;゚Д゚)!

今シーズン最大の寒波襲来です。

先日の東京の大雪はビックリでしたね。

本日、東海地方も雪が降りました。

明日の朝は交通機関が麻痺しそうです。

気を付けて出勤してください。

大寒波の襲来ということで

スキー・スノーボーダーはさぞかし

興奮していると思いますヾ(≧▽≦)ノ

週末のゲレンデは👍コンディションでしょう。

昔は自分もスキーヤーで雪を見れば興奮してました。

若いころは楽しかった(*´▽`*)

スキーで結構バカなことやってました^_^

出身が岩手なのでスキーはできて当たり前。

ゲレンデの圧雪していないコースを滑ったり

スノーパークで飛んだりモーグルバーンを滑ったり。

あの頃は凄く楽しかった。

今はおじさんなので無理ですけど(^_^;)

というか大怪我をして以来、あまり行ってない。

年末に大掃除していたらこんなものが出てきた。

IMG_2100.jpg

なんでしょうか?

これはチタンで足を骨折した時に
足に埋め込んでました^_^

P1000005.JPG

こんな感じです。

左大腿骨を骨折してチタンを骨に埋め込んでます。

痛々しい(>_<)

当時はかなりのスキーバカだったので当然シーズン券。

毎週のように行ってました。

季節は3月だったと思います。

いつものようにスノーパークで飛んでいましたが
360(サブロク)した時にどうも軸が安定しない。

なんとか着地はできていたので
大丈夫かと思っていたけど・・・・・

夕方3時ぐらいにラスト1本。
最後だから気合をいれて飛ぼうかなと思いキッカーへ。

気合入れ過ぎましたね。

タイミングとランディングポジションが悪かった。

気温が高くなり雪が溶け
ランディングポイントが荒れていた。

荒れた雪に足をとられ捻りながらランディングと共に

激痛(>_<)・・・・・転倒。

起き上がろうにも足は変な方向に
傾いていて力が入らない。

最後の最後にやってしまった(>_<)

職場の人と一緒だからよかったけど
一人だったら大変だったと思う。

救急隊がきてソリに乗って下山。
何とも情けなく惨めだった。

救急車呼んでくれるかと思ったけど・・・・・

なんと(゚Д゚;)!

運転してもらい自分の車で病院へ。

ま、今すぐ死ぬわけではないからね。


カーブを曲がる度に激痛が(-_-;)

病院に着いてから結構放置プレイ(-_-;)

スキーブーツはまだ履いていたので
脱がなければならない。

普段は痛みはないがブーツを脱ぐ時

(>_<)激痛!

病院に着いたから安心かと思えば大間違い( `ー´)ノ

試練はまだまだ続く!

次は骨折しているので足を固定しなければならない。

足の筋肉を伸ばさなければいけないので・・・・・

足(脛)にドリルで穴を開け串刺し重りをのせて引っ張る。

初めは冗談かと思ったけど・・・・

足に麻酔を打ってドリルで穴を開ける。

ギュイーーーーーン。

俺の足はDIYじゃねえぞ( `ー´)ノ

と思ったら激痛が走る(゚Д゚;)!

「 痛い 」と言ったら更にもう一本麻酔を注射。

泣きそうである(ノД`)・゜・。

足に串を差しオモリを吊り下げ足の筋肉を引っ張る。

その日の夜は眠れなかったな。

話は長くなったので続きはまた今度。

それではこの辺で。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

<スポンサーリンク>






ラベル:骨折 スキー
posted by tamtam at 21:45| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

遂に見つけた!!  安眠枕



当ブログをご覧に頂きありがとうございます。

最近、なぜか? イビキがすごい。

オッサンだから?

自分で寝ていてもイビキが聞こえる・・・・・(-_-;)

イビキが凄いと嫁に叩き起こされる(´゚д゚`)

せっかく気持ちよく寝てたのに・・・・

枕が悪いんじゃないの・・・・?

ヒルナンデスで変わった枕が出てた。

横向きで寝れるように枕がの形が変わってる。

思わず

なぜか!

即買い!!!!(; ・`д・´)

IMG_0417.JPG
【ヒルナンデスで紹介♪】フランスベッド スリープバンテージ ピロー Sleep Vantage 安眠 横向き寝枕まくら 横寝用まくら 横寝枕 抱きまくら 抱き枕

2晩使ってみたけど

ムチャ寝れる(^^♪

自分

横向きで寝るので。

その後はなぜか上向きで寝てる。

だからイビキがでるのかな?

この前の休日は

この枕を使ってみたら

寝すぎ(-_-)zzz

イビキもかいていないみたい。

凄い!

ただ

横向きで寝るわけだが

寝返りをすると・・・

IMG_0418.JPG

寝返りができない。

左向きで寝ていて次は右向きで寝たい時

枕を反対にしなければならない。

それがちょっと面倒かな。

でも良く寝れてイビキがないとなれば
いい買い物をしたと思います。

今の季節

ベットの中が気持ちいいですね。

この枕を使って

大物を釣る夢を見たいですね(笑)

それでは

良い釣行を!

最後まで読んでくれてありがとうございます。


にほんブログ村

posted by tamtam at 21:06| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする