2018年09月25日

名古屋港2日目






当ブログをご覧に頂きありがとうございます。

先日、名古屋港でのシーバス釣行を
書きましたが

次の日も名古屋港へ出陣。

今回は市販のルアーではなく

ハンドメイドルアー(*^^)v

ハンドメイドルアーのサイズは55mmなので
シーバス以外のロックフィッシュも狙える。

そろそろメバルの小気味よい引きを
味わいたい(*´▽`*)

竿もMLクラスからLクラスに変更。

ティップが先調子で柔らかく
シーバスロッドだがメバルも釣れる。

ラインもPE0.8号からPF0.6号。

リーダーも4号から2号と細くする。


手前にはベイトの群れ。

これはいけそう(*´▽`*)

が・・・・・・・・・( ゚Д゚)!

またやってしまった(-_-;)



巨ボラ(-_-;)



あ( ゚Д゚)!  スマホ忘れた!


ので写真は撮らずリリース。



ハンドメイドルアー

ボラも釣れます!



まぐれではありません。



車に戻りスマホを取りに行く。

更にキャスト。

しかし・・・・・・・



釣れるのはチーバスばかり(-_-;)

IMG_3126.jpg


アワビ仕様のハンドメイドルアー。



そして3時間ぐらい粘るが

まともな魚が釣れない。


今回の釣行で感じたことは


多分、シーバスは沖の流れにいるような感じがする。


市販のシーバスルアーは飛距離がでるので
沖から魚を誘いやすい。

しかしハンドメイドルアーは飛距離がでない。

バルサ・固定重心で3g程度では飛距離がでのである。

居着きの食わせの釣りには有効だが

広範囲の回遊待ちの魚に対しては
通じないのでは・・・・・・・・・・


以前、朝マズメに鉄板を広範囲で探って
釣れているので


シーバスを狙うには飛距離がでるルアーの方がいいかも。

これは持論だが次回は広範囲に
沖を回遊している魚を狙おうと考えてます。


それでは良い釣行を

最後まで読んでいただきありがとうございます。


にほんブログ村





posted by tamtam at 11:55| Comment(0) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: